情報を知ってから修繕を任せる

>

修繕に掛かる費用とは

必要になった時にすぐ依頼する

異変に気がついて修繕が必要だと思っても、お金の準備ができないと依頼することはできません。
修繕する時は、100万円近い大金が必要になるケースが多いです。
急な出費になっても大丈夫なように、修繕費を貯金しておきましょう。
毎年修繕する必要はないので、少しずつ貯金すれば必要な時まで間に合うと思います。
工事を安く済ませるため、定期的なチェックを忘れないでください。

工事する範囲が狭ければ、安い費用で済ませることができます。
早く異変に気がついたり、異変が起こる前に修繕することで工事の範囲が狭くなります。
自分で工夫することで、マンションの修繕費を安く済ませられます。
コツコツと貯金したり、異変が起こりそうだったら相談しましょう。

修繕費を住民からもらおう

100万円以上必要になると聞くと、自分の負担が大きいので大変だと思うでしょう。
ですがマンションの修繕費は、管理人が全て負担するわけではありません。
入居者から修繕費を徴収できます。
きちんと毎月修繕費をもらって、万が一の事態に備えてください。
入居者が多ければ、それだけたくさんの修繕費を徴収できます。
どうすれば入居者が増えるのか考えて、良い方法を実行してください。

また大きな金額を、徴収しないように心がけてください。
入居者からもらう修繕費には、相場があります。
相場以上の金額を請求すると、入居者はおかしいと感じて出ていってしまいます。
一般的な大きさのマンションであれば、毎月10000円ぐらいが妥当でしょう。


この記事をシェアする

トップへもどる