情報を知ってから修繕を任せる

>

マンションは修繕が必要不可欠

定期的にチェックしよう

いつもマンションに不具合が起こっていないかチェックすることで、異変が見つかった時にすぐ修繕できます。
異変が起こってから時間が経過すれば、どんどん被害は広まっていきます。
すると工事の費用が高くなるなどのデメリットが生まれるので、早く気が付いて修繕を任せてください。
早いと、マンションが建設されてから8年や9年で異変が見られるようになります。

マンションに使われている素材も、大きなポイントになります。
ダメージを受けやすい素材を使っている場合は、早く修繕が必要になると覚えておきましょう。
マンションを管理する際は、定期的に内部の点検をすることを忘れないでください。
チェックしていれば、修繕するタイミングを掴めます。

10年経ったら修繕を依頼しよう

素人がチェックした段階では、マンションに異変が起こっていないように見えていたかもしれません。
ですが見えていない部分に異変が起こっている可能性があります。
放っておくと、入居者が安心して暮らせないので修繕を任せなければいけません。
マンションが建設されてから10年が経過したら、業者に依頼してください。
業者には、知識を持ったスタッフがいます。

スタッフがチェックすれば、見えていない異変も分かるでしょう。
マンションを譲り受けて、途中から管理することがあると思います。
その時は建設されて何年が経過している状態なのか、前の管理者に必ず聞いてください。
以前修繕をしたマンションでも、それから10年が経過していれば再び必要になります。


この記事をシェアする

トップへもどる